出産子育て

子どもがダニに刺された?と思ったときの対策・対応

もしかしてダニ?

子どもの体にぶつぶつができると、ふと頭によぎること。

ママ
ママ
ひょっとして、これって…ダニに刺された??

こんな風に思うことありますよね。

 

今回我が家で起こった『ダニ発生騒動』

過程と対策、結果をご紹介します。

※刺された写真が出てきます。気になる方はスルーしてください。

ダニ刺され疑惑|娘に起こった症状

ある日、朝娘の着替えをしているときに、ふとお腹に何か刺されたあとがあるのを発見しました。

湿疹画像

最初は1つ、2つ程度だったため気にしていませんでしたが、日に日に増えてきて、気づけば10箇所ほどになってしまいました。

ちなみに、足や手などには一切なく、おへそを中心にその周りだけでした。

肌が直接外に出ている部分ではなく、服や下着の下にできているので、不思議に思いました。

 

スポンサーリンク

ダニ刺されを疑った

心配になって、ネットで検索三昧。

  • 子ども ダニ 対策
  • 子ども ダニ おなか

こんな具合に…。

画像を見ると、娘の症状とダニ刺されの症状がよく似ていたので、ますます心配になりました。

ダニの種類

ダニの種類は何万とあるけれど、おうちで遭遇することがあるのは4種類。

  • チリダニ
  • イエダニ
  • ツメダニ
  • コナダニ

の4種類。

8割は人を刺さないチリダニ。人を刺すのはイエダニ、ツメダニだと分かりました。

この中で疑ったのツメダニ

特徴として

  • 梅雨から秋が多い
  • 服の中を刺されることが多い
  • 夜に刺されることが多い

ということがあったからです。

まさに娘!!!

 


ダニへの対応策

もう絶対にダニだと決めつけた私は、やれる対策からやろうと決めました。

掃除機をかける

布団を干しても、叩いてもダニには効果がないと聞いたので、まずは布団に掃除機をかけました。

表も、裏も徹底的に。もう部屋掃除より必死です。

本当はダニ用の掃除機がいいですけどね。

こちらのダニセンサー搭載の掃除機なんて、値段もお手頃でいいと思います。

 

ダニスプレー

すぐに、簡単に対策するならこれ!



薬剤となると気になりますが、これは殺虫剤成分不使用。

そして青森ヒバ油という、ダニが嫌いな成分を含む国産の精油を使っています。
植物由来で安心ですよね。

ちょっと高いですが、市販で売っているのはちょっと心配で…。
子どももがいるので体に安心なのがいいなと思い、こちらをトライ。

これはダニを退治するのではなく、寄せ付けなくするものなので根本的な解決ではないかもしれませんが、手軽に使えるのはよかったです。

 

ダニシート

スプレーは効果が消えやすそうなので、こちらのシートも使用しました。

押し入れのスノコの下に引いたり、敷布団のシーツの下に敷きました。

こちらもダニを退治するわけではなく、寄せ付けないようにするものです。
買いやすい価格で、簡単にセットできるのがいいです。

ダニ捕りロボ

こちらは結局買わなかったけど、根本的に解決するならこれだな!と思ったものです。



ダニシートと似ていますがですが、違う点は、ダニを退治するということ

まず、ダニシートと違って、こちらはダニが好きな成分を使って、ダニをおびき寄せます。そして中に入っている吸湿性のセラミックで、ダニを乾燥させて退治します。

ダニは体の80%が水分。乾燥がとっても苦手なんですね。

そしてダニの死骸は外に漏れないようにしっかりキャッチ。あとはゴミ箱に捨てるだけです。

何がいいって、やっぱり化学薬品や殺虫剤成分を使わずにダニを簡単に退治できるところ!

子持ちはこの、安心して、簡単に使えることは大きなポイントですよね。

 


ダニ刺され疑惑|病院で診察をうける

あまりにも日に日に増えていくので、結局病院に連れていきました。

ダニに刺されるなんて、

 

このうちは掃除ができてないのねぇ…

 

なんて思われそうでちょっと気が引けましたが、娘の体には変えられません。

 

アミーゴ
アミーゴ
す、すみません。ダニに刺されたみたいで…

 

先生
先生
ダニじゃないですね。これは毛包炎です。

 

毛包炎???

 


毛包炎とは?

毛包炎という診察結果

初めて聞く言葉。

ネットでも調べてみました。

毛嚢炎(毛包炎)とは、ひとつの毛包に炎症が起きた状態のことです。毛包は毛嚢もうのうとも呼ばれ、毛穴の奥の毛根を包んでいるところをさします。その毛包に主に細菌が感染することで炎症が起こります。

引用 メディカルノート

皮膚科の先生曰く、毛穴にバイ菌が入って炎症することがある。まーニキビみたいな感じ、とのこと。

『こんな時に発症する』とかもなく、できる時はできる!そんなもんらしいです。

 

アミーゴ
アミーゴ
でもネットで見た画像だと、ダニ刺されにそっくりでした!

 

先生
先生
確かに、素人目では分かりにくいね。でも間違いなく毛包炎だよ。

 

先生の診察結果を聞いてひと安心!

ダニ刺されと毛包炎の違いとは?

これだとどうなったらダニ刺されで、どうなったら毛包炎なのか分かりませんよね。

先生に伺ったところ、大きな違いは『かゆみがあるかどうか』ということ。

ダニに刺されるととにかくかゆいので、子どもでも刺されたらかゆみを訴えてくるはずだそうです。

確かに娘の場合。ひどくぶつぶつができても、かゆそうな素振りは全くありませんでした。

 

気になったら病院で正しい診断を

そんなこんなで、我が家のダニ騒動は、毛包炎という結末を迎えました。

結果オーライですが、最近お掃除の手を抜いていた自覚もあったので、ちょっぴり戒めにはなりました。

そしてダニの勉強にもなりましたね(笑)

 

ネットでたくさんの情報はありますが、やはり最後は病院でキチンとした診察を受けることをオススメします。

 

むすめ
むすめ
やっぱり病院の先生はすごいでちゅ!

 

先生のあの即判断はすごかったです。

ネット検索でうじうじ悩むより、早く正しい診察結果を頂いて、正しい治療をしたほうがいいですもんね!

病院に行きすぎるのもいけませんが、やはりこういう時は頼るべきだと感じました。

 

同じような悩みを持った方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

こちらの記事もおすすめ!