出産子育て

THE昭和の保育園から、英語教育もしちゃう保育園に転園して思ったこと

我が家の娘は現在、市内では最も英語教育をやっているだろう認可保育園に通っています。

でも昨年までは言うなればTHE昭和の保育園」に通っていました。
引越しのため転園を余儀なくされ、候補に上がったのが今の保育園。

 

しかし、他の候補としては、前園同様にTHE昭和な、一般的な保育園もありました。

夫と二人でどちらがいいのかすごく悩みました。

アミーゴ
アミーゴ
子どもに関わることだもん!悩みますよね…

今回はそんな私達夫婦が、どのような過程で現在の保育園に決定したのか、通わせてみて実際どうなのか。

そんなお話です。

 

自由・遊び中心の保育園 vs 教育系保育園 親の不安は何だったか?

「THE昭和の自由で遊び中心の保育園」or「英語教育もやっちゃう、ちょっぴり意識高い系の保育園」

どんなことを期待したり、逆に不安に思ったのか、我が家の当時を振り替えってみました。

 

THE昭和の保育園のメリット

なんと言っても、『のびのび遊ばせてあげられる!』でした。

小学校に上がる前までは、勉強よりも自由にのびのびと遊ばせるのが一番勉強になる。

座学の勉強よりも、遊びの中で学ぶこと、得られることの方がこの時期は重要。

こんなこと、よく言われますよね。

THE昭和の保育園のデメリット

メリットが表とするならその裏となる、『遊ばせてばかりで勉強に遅れを取る不安』でしょうか。

今の小学生は、1年生に上がる前にひらがな、カタカナ、簡単な計算などできるのが普通と聞きます。

自宅で教えてあげられればいいですが、我が家は共働きで平日は余裕がありません。

小学生になって、周りの子は既に知っているのに、自分は知らない…となると、娘は辛いのかなと思いました。

教育系保育園のメリット

頭が超やわらかいうちに、ひらがな、カタカナ、英語、計算…などをプロが教えてくれるということが筆頭に上がりました。

英語イメージ画像

小さなうちから周りのみんなと一緒にやることで、勉強が身近なものになるのはいいかなと思いました。

こういう保育園にお願いすれば、小学校に上がった時に遅れを取らず、スムースに小学校の勉強生活にも馴染めるのかな、と。

あと、こういう保育園には比較的意識の高い方が集まるかなと思ったので、必然的に勉強も身近になる環境が整うかとも思いました。

教育系保育園のデメリット

我が家の場合、前年はTHE昭和の保育園に通っていたのもあり、娘がそのギャップに苦しむかなと心配しました。

今まで楽しい遊びばかりだったのに、急にお勉強、お製作が増えちゃうとストレスがたまっちゃうのかなと…

あと、意識高い系の親が多いと、私や夫が付いていけるのだろうか…という心配もありました。

 

スポンサーリンク

自由・遊び中心の保育園 vs 教育系保育園|実際にどんな違いがあったか?

設備

今の教育系保育園は比較的新しいのもあり、設備、造りも新しい感じがします。

まずセキュリティ

前の園は塀や門はあっても鍵などされておらず、始めは正直心配でなりませんでした…。
今の園はセキュリティ会社も入っており、唯一の玄関は基本カードキーがないと入れません。

いざとなったら変な人は入れてしまうのでしょうけど、それでも前の園よりは安心して預けられます。

ただ反面、新しい保育園で十分な敷地を確保できなかったためか、園庭がとても狭いです。

のびのび遊ばせる!には物足りない環境です。

お勉強

全くなかった前園と比べ、お勉強、お製作が一気に増えました。

お製作イメージ画像

最初の頃は子どもたちも要領を得ていないため、ほとんど外で遊んでなかったみたい。

英語に関しては、毎日何かしら英語との関わりがあるよう。

日々は日本人の英語の先生が遊びを交えた英語レッスンをしてくれ、週に1回はネイティブの先生からのレッスンがあります。

正直、全く期待していなかったのですが、娘の口から私より発音のいい英語がポンポン出てくるのを聞くと驚きます。

アミーゴ
アミーゴ
“パイナップル”は”パイナポー!”だって!

習い事

今の保育園では、預かり時間中に習い事をさせてくれます。

これ、我が家の園だけでなく、他園でも最近よくあるスタイルみたいです。

我が家の園では、

  • 英国数
  • 英語空手
  • 外国人教師による英語
  • ピアノ
  • HIP-HOP
  • 絵画
  • 体操
  • マリンバ

など10種類ほど選択肢がありました。

これには我が家は大助かり!

元々ピアノを習わせてみたいと考えていました。しかし共働きとなると土日しかつれていけません。

この制度のお陰で、希望通りのピアノを、なんと格安で習わせることができています。

 

アミーゴ
アミーゴ
“我が家はピアノ、英国数、体操をやっています。

 

この制度。親も先生も習い事の先生も、みんなWin-Win-Winの関係でいいですよね。

ちなみに年少組さん。みな3~4つの習い事を受けているそうです。

先生

前の園は認可の公立保育園。

今の園は認可の私立保育園。しかも幼稚園が母体。

最初は先生が急に厳しい人になるのでは?と心配でした。
というのも、以前とある幼稚園を見学した際の先生の対応が酷かったという経験があり…。

しかし、この点は心配無用でした。

とても優しく、娘のことを細かく見てくれる先生と巡り合え、娘も日々楽しく過ごせています。

この辺りは園の方針にも寄るのかもしれませんね。

 

服装

私服+園服から、完全制服に変わりました。

正直、めちゃめちゃ高いし、可愛い私服を着せられないから嫌だな…と思っていました。

しかし実際に園生活が始まってみると、服を選ぶ手間がない、意外と制服を着たがる、ということで返って以前より楽になりました。

反面、細かな物。靴下、紙留め、ハンカチ…などはキャラクターものもOK。

娘の好きなものを持たせてあげられるようになりました。

その他

全体的にやはり、「保育園」というより「幼稚園」のような雰囲気が強い気がします。なんというか、結構キッチリしたところが多いといいますか。

あと英語教育が特徴なのもあり、園には日本人の子だけでなく、外国籍の子が結構いるのも特徴です。

また親として驚いたのが、PTAがないこと!

前園ではPTAの役割はそれはそれは大変で…ありとあらゆる行事のサポートは全てPTA。写真の販売もPTAの関わり必須。定期的にPTA主催のバザー、など。

今の園での写真販売は、ネット経由での購入なのでとっても楽チンです!

 


まとめ |迷ったけど英語教育もしちゃう教育系保育園でよかった

最初はとても迷ったけど、今となってはここに決めてよかったなと思っています。

英語教育に関しては、結局はインターなどと違って中途半端だし、話せるようになる訳じゃないし、忘れちゃうし…

でもね、それでも私はいいと思っているんです。

私はずっと日本語だけの環境で、いわゆる日本人に囲まれて育ったので、英語や海外に馴染むのにすごく時間がかかりました。

でも娘は違います。

私が感じていた英語への抵抗もないし、海外の子がいてもそれは『その子』なのです

いろんな子がいる、いろんな言葉がある、それを普通と受け止められるだけだもかなり重要なことだと思っています。

 

どんな保育園にしようか悩んでいる方に、少しでも参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ!