西三河情報

コジマトペ|岡崎市・オシャレなだけじゃない、味も本格実力派カフェ

夫婦そろって外食好きな我が家。

夫がカフェ好きなのでカフェにはよく行くのですが、その中でもここは想像以上によかった!というお店のひとつが「コジマトペ」さん。

いろんなお店に行ってみたいので、リピートするというのはよほど家から近いか、お気に入りにならないととないのですが、コジマトペさんは後者のひとつ。

今回は我が家のお気に入りカフェ「コジマトペ」さんのレポです。

 

コジマトペ|概要

岡崎市太平町にあるコジマトペ。

正式名称は「【珈琲 ごはん おやつ】コジマトペ」です。

  • サイフォンでいれるおいしいコーヒー
  • どれも手作りで手の込んだごはん、おやつ

が大きな特長のカフェです。

国道1号線を豊橋方面に向かう途中左手にあります。
大きな国道沿いなので思わず通りすぎてしまいがちですが、シンプルだけどオシャレな外観、そして「コジマトペ」というなんともキャッチーな店名で、知っている!という方も多いお店ではないでしょうか?

 

アミーゴ
アミーゴ
我が家もずっと気にはなっていたものの、何度も素通り…。もっと早く行けばよかったと思っているくらいです。

 

その一度見たら忘れられない店名「コジマトペ」
由来は、オーナーの苗字「コジマ」さん+「オノマトペ」の掛け合わせだそうです。

2014年4月にご夫婦二人でオープンされています。

 

スポンサーリンク

コジマトペ|メニュー

コジマトペでは、

  • モーニング
  • ランチ
  • おやつ、軽食
  • ドリンク

のメニューがあります。

 

コジマトペモーニングメニューこちらはモーニング。
トーストはなんと自家製!コジマトペの焼き印がついています。
ゆでたまごをバナナに変更できるのも嬉しいサービスですね!

 

コジマトペランチメニューこちらはランチメニュー
写真だけでも思わず心惹かれるメニューですが、説明文を読むとますます心惹かれます。

 

コジマトペおやつ軽食メニューこちらはおやつ、軽食メニュー

 

コジマトペドリンクメニューこちらはドリンクメニュー
コーヒー以外のソフトドリンクも豊富で、子どもと来ても選んであげたいドリンクがいっぱいです。

 


コジマトペ|ランチを食べてみた感想

オムライスキーマカレーのランチを食べてみました。

オムライス

コジマトペオムライスの付け合わせまずは付け合わせ。
副菜が3品+おみそ汁が付いてきます。

このレベルが高い高い!

副菜は全部手作り。味付けもよくある外食のこてこて味でなく、なんともやさしいお味。
でも家庭料理とはちょっと違う、真似できないような味でした。

 

コジマトペオムライスそしてオムライス。

地元岡崎産の卵は、外側はしっかり、でも中はほどよくトロッとしています。

そして中のごはんが本当においしい!
牛、豚、鶏のミンチと玉ねぎで旨味がたっぷり。
オムライス=ケチャップライスという概念はもう捨てたほうがいいと感じました。

そしてこのトマトソース
トマトのさっぱりした酸味に、塩麹の奥深い旨味。さっぱりだけど、まろやか。

卵、ごはん、ソース。この3つのバランスがとにかくいいです!

アミーゴ
アミーゴ
実はこのオムライスが好きすぎて、コジマトペさんをリピしてます!

 

キーマカレー

キーマカレー副菜こちらはキーマカレーの副菜。

副菜の真ん中にある白いもの。これは水切りヨーグルトです。
カレーに混ぜるとまろやかな味わいになります。1度に2つの味が試せて少しお得な気分になれます。
もちろん、そのまま食べてもOKですよ。

アミーゴ
アミーゴ
我が家の場合はこの水切りヨーグルト、美味しくていつも半分は娘に食べられてしまいます~笑

 

コジマトペのキーマカレーこちらがキーマカレー。

玄米、白米、チャパティから選べるのですが、写真は玄米のものです。

カフェのカレーのイメージを超えるキーマカレー。
それもそのはず。
水は一切加えず、野菜だけの水分で煮込んだカレー。
スパイスもコジマトペ独自の配合で調合しています。

美味しいのはもちろんなのですが、このカレー、食べた後が心地いいんです。
油や小麦粉などをほとんど使用していないのか、胃にもたれないのです。

 

コーヒー

コーヒーはサイフォンで入れてくれ、席で注いでくれます。

飲む前から「香り」で味わえてしまいます。

そして毎回マグカップがかわいい!

コジマトペコーヒー恐竜マグカップこちらは恐竜さん。

 

コジマトペコーヒーしろくまちゃん、こぐまちゃんマグカップこちらは絵本にある、こぐまちゃん、しろくまちゃん!

 

アミーゴ
アミーゴ
絵本「しろくまちゃんのほっとけーき」が大好きな娘は、これを見て大喜びでした!

 


コジマトペ|店内の様子

コジマトペ店内コジマトペの店内。

まずはその広さに驚きました。

外からみるよりずっと広く感じる空間に、席はカウンターと合わせても30席。
とてもゆったりと過ごせる席です。

入って手前が禁煙席、奥が喫煙席と分煙もされているので、たばこの苦手な方や、子ども連れの方も気軽に行くことができます。

次に驚くのが独特のオシャレさ

店内にはところどころにアーティストのオブジェが飾ってあったり、壁はタイル貼りの部分があったりとオシャレ感満載。

アミーゴ
アミーゴ
壊れやすいオブジェがあったり、段差も多いお店なので、子ども連れの場合はその点注意してくださいね~!!

 

そして店内真ん中には、雑貨の販売スペースがあります。かわいい食器も多く、見ているだけでも楽しいです。

雑貨と同スペースには、本、雑誌も多く置いてあります。
絵本も置いてあるので、お料理が来るまでの待ち時間は、子どもに絵本を読んであげることもできますよ。

 


コジマトペ|まとめ・おすすめポイント

  • カフェレベルを超えた、おいしい手作りメニューが満載
  • 広々とした独特のオシャレ空間
  • 子どもにも安心して食べさせられるフード、ドリンクがある

 

正直、カフェは居心地を楽しむのがメインなのもあり、あまり味には期待していませんでした。しかし、コジマトペさんには本当にいい意味で裏切られました。

例えこのオシャレ空間でなくとも、私はコジマトペさんのオムライスを食べに行きたいです。

アミーゴ
アミーゴ
娘はめっちゃオムライスを食べていました。大盛りにしてよかった(笑)

 

子ども用のいす、子どもメニューはありませんでしたが、やさしい味付けなので子どもにもいいお店だと感じました。

ドリンクは、みかんジュースもりんごジュースもストレートジュース。
手作りの生バナナジュースやミックスジュースなどもあります。

子どもに食べさせるものに気をつかう方でも、使いやすいお店なのではと思います。

ただ、店内は段差が多かったり、壊れやすいものが多く置いてあるので、少し注意は必要です。

 

コジマトペ|場所・営業時間など


住所:愛知県岡崎市大平町瓦屋前54−18
電話番号:0564-24-5200
営業時間:8時30分~17時30分(ラストオーダー16時30分)
※モーニング/8時30分~11時
※ランチ/11時~14時30分
定休日: 火曜日+月1回月曜日
駐車場完備

 

こちらの記事もおすすめ!