ママの稼ぐ

ブランクあり・子持ち主婦の再就職活動体験談①

平成もそろそろ終わる2019年冬

「女性も輝く社会」なんて言われて久しいですが、相変わらず女性が働く条件って厳しいですよね。

 

私は元々、新卒で食品業界にて営業職→結婚退社→夫について海外2年・出産→帰国→子持ち再就職活動→再就職→転職、をしています。

独身時代のようにはバリバリ働けていないし、給料も当時のようにもらえてはいません。

それでも、完全退職・専業主婦から子持ち再就職できたことは、ひとつ自分の中でも山を越えられた気がしています。だって、一旦完全に仕事の場から離れたブランクありの私が、しかも子持ちで再就職するなんて…見えない大きくて高い山をそこに感じていましたから。

でも、いざ「子持ち再就職活動」という「山登り」に挑戦してみると、

  • 意外と登れた!
  • 予想してた景色とはちょっと違った!

という印象です。

今回は完全退職・子持ち専業主婦が、どのように再就職を果たしたのか、私の経験談をお話しします。

私と同じように子持ちの再就職に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

子持ち主婦の私が就活を始めた時の状況

まず、子持ち主婦の私が再就職活動を始めた時の状況です。

私の年齢 34歳
娘の年齢 1歳半
両親の支援 なし
夫の状況 職場は自宅から10分。帰宅時間はバラバラ。

まず第一に、私自身の年齢が30台も半ばだったこともあり、すごく焦りを感じていました。

よく求人では「35歳以下の方」という一文を見ますから。

娘は1歳半と保育園に入るには微妙な年齢。保育園も空きがあるとは思えません。
それにまだまだすぐ病気になる年齢…。

私、夫の両親共に頼れる距離には住んでおらず、夫も毎日定時で終われるような仕事でもありませんでした。

そのため、基本は自分ひとりで仕事も家事をやる、という前提で考えていました。

スポンサーリンク

子持ち主婦の私が行った就活方法

このような状況だった私が、どのように就職活動を行ったのかをご紹介します。

①子持ち主婦でも、転職エージェントに登録した

まずはネットで情報を集めようと、転職エージェントに登録をしました。

正直、「転職」じゃないよ、「再就職」だよ、と思いましたが、そんなことは言っていられません。

転職エージェントもたくさんありますが、私が登録したのはこちらです。

リクナビNEXT

国内最大手の転職サイト。

私には難しい、大きな仕事案件ばかりかもしれない、とも思いましたたが、やはり国内最大手。自分に合った案件があるかどうかは分かりませんが、まずはこちらに登録しました。

また登録をすると、リクナビに登録している他の人材紹介会社からスカウト(というか営業メール)が来たりします。

私はここで頂いたスカウトをきっかけに、実際に名古屋にある人材紹介会社のオフィスに出向き、直接お話しを伺うことができました。

ネット情報だけでなく、実際人と会って最近の市況や、最新の求人情報をうかがえたのはよかったです。

DODA

リクルートが超大手メインなのに対し、DODAは小さすぎず、大きすぎずの中小企業求人も多く感じたので登録しました。

勤務地も名古屋市ばかりでなく、私の住む市に近い求人案件も多く載っていた印象です。

女性の転職type

「女性の」という名前に惹かれて登録。
女性でもやりやすい仕事、子どもがいても働きやすい仕事があるかなと感じたからです。

実際にいいなと思う求人もありましたが、こちらはほとんどが関東の求人案件。愛知在住の私にはあまり希望勤務地の求人がありませんでした。

ただ、女性ならではの転職情報を得るにはいいと思います。

ヒューマンリソシア

就活をしているうちに、やはり正社員では厳しいかもしれない、と感じ、派遣会社の登録もしました。

比較的近くに事務所もありましたし、直接お電話も下さったりしたので、気軽に利用することができました。

結局派遣でない仕事が決まったので直接お世話になることはありませんでしたが、今後また状況が変わり、派遣のお仕事を考える際には利用したいと思っています。

indeed(インディード)

CMでもおなじみのインディード。

インディードのサイトは本当に便利!
このサイトを見れば、他の転職、求人エージェントの情報が一度に検索できます。

何よりありがたかったのは、地図で仕事を探せるところ。

私はとにかく自宅から近くの仕事を探していたので、この機能には大変助けられました。

アミーゴ
アミーゴ
再就職した今もたま~にのぞいてます(笑)

②ハローワークや人材紹介会社へ行った

ネット情報だけでなく、生の情報も得たいと思い、ハローワークや人材紹介会社へ話しを聞きに行きました。

ハローワークには地元の求人が多くあるので、自宅近辺で働きたい方にはオススメです。
ただし、あまり好条件の案件はないと感じました。
また、人によりますが、アドバイザーの対応はあまりいいとは言えません…。

人材紹介会社には、先程のリクナビNEXT経由で繋がった会社へ伺いました。

ネットで誰でも検索できる求人というのは、実は求人全体のごくわずか。実際は非公開案件の方が多いのです。

人材紹介会社では、ヒアリングをすることで、より自分の希望にあった求人案件を探してくれます。

③自宅近くで、自分が興味のある会社が求人を出していないか調べる

結論から書いてしまうと、私は最終的に自分の興味がある会社のHPやネット情報を見て、求人が出ていないか調査。

ある時、偶然求人が出され、応募(いろいろ葛藤はありましが…)。

その後2回の面接を経て、採用が決まりました。

 


保活|就活と同時並行して行った

まだ仕事は決まっていないけど、決まったら子どもの預け先がないと働けない!

私の住む愛知県も、関東ほどではないといえ、未満児の入園は簡単ではありません。

仕事が決まっても、預け先は全くメド立たず…なんてことにはなりたくなかったので、就活と同時並行で保活も行いました。

①市役所に確認

保育園と言えば市役所。

まずは市役所に行き、今の状況を伺いました。

予想はしていましたが、やはり1歳、2歳児の空きはないとのこと…。入れるとすると、4月(娘は2歳児さん)だろうと言われました。

②認可外保育園の確認・契約

もし仮に仕事が決まったら、3月末までは認可外保育園に入れ、4月からの認可保育園への転園を狙うしかないと考えました。

市役所に認可外保育園の一覧表があったので、それを念入りに調査。
自宅から通えそうな距離の2園に、実際に見学に行きました。

そしてそのうちの一つと短期契約。

私と同じように考える人が多いので、毎年冬になると認可外保育園も満員になってしまうとのこと。

もし採用されても、どこも預け先がないとお手上げ状態になってしまうと思い、とりあえず短期契約をすることで、最低限預け先がある状態にしました。

アミーゴ
アミーゴ
でも、認可外保育園に入れるのにはすごくすごく抵抗がありました。すごく狭かったですしね…

③認可保育園への申し込み

次年度4月からの入園に申し込みをしました。

私のいた市ですと、9月の広報に案内が載っていました。

市によってはとても早いです。なので市役所に確認するなどして、必ず間に合うように申し込みすることが大切です。

 


ブランクあり・子持ち主婦の再就職活動体験談① まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか?

意外と「予想の範囲内」ではありませんか?

少し長くなりましたので、続きは

「ブランクあり・子持ち主婦の再就職活動体験談②」

ブランクあり・子持ち主婦の再就職活動体験談②こちらの記事は、後編です。 前編はこちらをどうぞ。 http://amigonakurashi.com/komochirew...

でお伝えします。

次回は、子持ち主婦がどんな面接準備を行ったか、実際に面接はどんな感じだったか、をお届けします。

 

こちらの記事もおすすめ!