ママの稼ぐ

ブランクあり・子持ち主婦の再就職活動体験談②

こちらの記事は、後編です。

前編はこちらをどうぞ。

ブランクあり・子持ち主婦の再就職活動体験談①平成もそろそろ終わる2019年冬 「女性も輝く社会」なんて言われて久しいですが、相変わらず女性が働く条件って厳しいですよね。 ...

 

ブランクあり子持ち主婦の再就職活動 面接準備

元々営業職で、初めての人と話すのは得意な方ですが、なんせ「社会に出る」のは久しぶり。

そして就職活動なんて、新卒以来なのでもう十数年ぶり…。

でも私は「新卒」ではありません。

世間では「ブランクあり・子持ち主婦は使えない」的なレッテルを貼られる一方、「新卒ではないのでできて当たり前」という、矛盾した目で見られるのです。

面接先は私の元勤め先のことも知っているところでしたし、どんなにブランク・子持ちだろうと未経験という目では見てくれません。

なので、面接前には自分なりに相当な準備をしました。

履歴書・職務経歴書の作成

厳密には面接前に提出しました。

履歴書、職務経歴書は転職、再就職するなら当たり前の資料ですが、実際に書く機会ってなかなかないですよね。

なのでまずは雛型を探しました。

転職サイトに雛型と例文が載っています。これらを参考に自分なりの履歴書、職務経歴書を書き上げました。

自己紹介・自己PRの作成、暗記

面接時に確実に聞かれるだろうと予想したのが、

  • 自己紹介
  • 自己PR

特に自己紹介は面接最初のうちに聞かれる=ここで失敗すると印象がずっと悪くなりそう、と思ったので完全に暗記しました。

アミーゴ
アミーゴ
一人で模擬面接を自宅でやってました~。きちんと声に出してやるのが大切!頭の中で想像するだけじゃダメですよ~

自宅・保育園から会社まで試走

もし採用され入社を決めたら、会社までは車で行く予定でした。

面接時に通勤は大丈夫か、始業に間に合うのかなど聞かれると予想したので、面接前に車で試走をしました。

なかなか実際の通勤時間に試走することはできなかったので、通勤時間頃にGoogleマップのナビを立ち上げ、予想時間を調べたりもしました。

アミーゴ
アミーゴ
子どもがいると、通勤時間に関しても心配で聞かれるかな~と予想したよ。子持ち女性ならではかもね…。

面接スーツ・靴・カバンの確認

元々営業職だったため、スーツ・靴・カバンは結構持っていたのです。

とは言え、もう数年間着ていない…

クローゼットから全て引っ張りだして、生地がボロボロになっていないかチェック。中に着る白シャツがないことが判明したので、事前に買い足しました。

靴磨きも実施。

人が見た目で判断してはいけないけれど、初めて会う人なら見た目で判断される部分は多いいあると思います。

急に美人になったり、痩せたりすることはできないけれど、キレイな格好をすることは誰でもできます。

この辺り、「主婦だから」「ママだから」仕方がないは絶対にNGだと思っています。
なので、「ちゃんとしてるな」と見えるくらいには準備しました。

スポンサーリンク

ブランクあり子持ち主婦の再就職活動 面接本番

いよいよ面接の日。

少し早めに出て、近くのコンビニでトイレ。そしてコンビニに車を止めて、一人最終模擬面接をしましたよ(笑)

顔はにっこり笑顔で、心は超緊張して会社のドアを開きました。

1次面接

1次面接はこの会社の若社長と、もう一人同じくらいの歳の男性くらいの二人でした。

私と完全同世代で、すごく話しやすくてスムーズに面接がスタートしました。

最初に聞かれたのが、

若社長
若社長
では、簡単に自己紹介をお願いします。

でした。

もう、「来た~!!!練習しといてよかった~!!!」と思いました。

自己紹介は簡単そうで意外とムズカシイのです。これは就職面接を受けられる方は暗記必須です!

穏やかな面接官お二人でしたが、自己紹介は最初に自ら話すものでもあり、かなり緊張していたことをよく覚えてます。

その後は、

  • 前職ではどんなことをやってきたのか。
  • どんな仕事をやってみたいか。
  • 通勤時間はどうか。

など、ほぼ質問形式な話しが多かったです。その他、世間話しなどの雑談も多々あり、すごく和やかな面接でした。

驚いたのが、「勤務時間は本当は8-17時より短いほうがいいんですよね?」という質問。

同世代のためか、子どもがいても働きたい気持ち、でも一般的なフルタイムの時間だと大変だという気持ちも分かってくださってました。

現状はフルタイムの正社員か、パートかの2パターンしかない中小企業ですが、働き方についてはかなりいろいろ考えている会社なのだなと好感を持ちました。

そんな穏やかな感じで1次面接は終了しました。

2次面接

面接は社長と営業部長、工場担当者の3人が面接官でした。

2次面接は、1次面接と違っててちょっと圧迫面接が…。

「〇〇のような困ったときにはどうする?」
みたいな、そんなこと言われてもなぁ…というような質問が多かったです。

アミーゴ
アミーゴ
あとからはわざときつくやってたと聞きました~!

仕事についての質問はそれほどなく、ほとんどが「子ども」の話しでした。

たまたま社長に私の娘とほぼ同じ歳の孫が2人いて。
私が働くのはいいが、子どもには寂しい思いをさせてはいけない、とすごく諭されました。

そんなこんなで、面接は無事に終了しました。


ブランクあり子持ち主婦の再就職|中小企業が狙い目?!

2週間くらい結果が来なくてドキドキでしたが、無事に正社員として採用されました。

この会社は社員50名程の中小企業。

実際に受けてみて、中小企業は子持ち主婦には適していると感じました。

以下、感じたことです。

中小企業は融通がききやすい

中小企業は確かに大手企業よりも福利厚生、制度は少ないです。

でも、それゆえにその人に合わせて柔軟な対応がしやすいと感じました。

若社長にも、「うちは制度はないし、人数も少ないからかえってやりやすいですよ。なければ作ってしまえばいいから。」と言われました。

実はその後保育園に落ちて、正社員勤務時間に働けなくなった、なんて話があるのですが、融通がきいたおかげで無事に働くことができました。

中小企業は子持ち主婦を求めている?

これは社長に言われた話し。

「うちみたいな会社は、新卒の女性より、子供いる女性の方が有難い。」

「主婦の方は大概が社会経験があるから0から教える必要がないし、新卒の方より長く働いて頂ける方が多いからね。」

少し男尊女卑的な古いところもありますが、この時の私には新鮮な言葉でした。

子持ち主婦はもうそれだけでハローワークや転職エージェントで見下されるのに、実際の会社社長は子持ち主婦がいい!なんて言ってくれるのですから。


ブランクあり子持ち主婦 再就職活動まとめ

私が実際にブランクあり、子持ちで再就職活動をして一番思ったのは、

やってみたいと分からないことが多い

ということでした。

本当にやる前は見下されるばっかりかなと思ってたんです。

確かに実際にブランクあるし、子供もいるし、30台も半ばだし…で、私の経歴を見ず(実際大したことなく超普通なのですが…)仕事はないねとやんわり言われたこともありました。

でも実際に再就職活動を初めてみたら、そんなことばかりではありませんでした。

実際に動いたからこそ得られた情報、経験がありました。

  • 活動中に出会った子持ち女性が正社員就職決まった。
  • エージェントでは、フルタイムができるなら案内したい案件はあると言われた→「私」個人としてはまだダメじゃない自信が持てた。
  • 勇気を出して応募したら、面接までいけた。
  • 勇気を出して面接に行ったら、子持ち女性歓迎と言われた。
  • 正社員で採用された!

 

結局、幸いなことに1社目で採用して頂いたのですがあとからこんな風に思いました。

「たとえ断られたって何のマイナスにもならない」

そう、「転職」じゃなくて、「再就職」なんですもの。

断られたって今の生活が続くだけ。

働きたいな、と思うならダメ元で活動したって何も失うものはありません。


ブランクあり子持ち主婦で再就職したい方へ

いかがでしたか?

私、あんまり大したことしてないですよね?

子持ちだけど、主婦だけど、働きたいな…でも…

そんな風に思っている方に必要なのは、ほんの少しの勇気と行動だけです。

  • ハローワークへ行ってみる
  • 転職サイトに登録してみる

まずは簡単にできるところからで大丈夫です。

まずは第一歩を踏み出してみるといいですよ!

私もまだまだ道半ばですが、応援します!!

こちらの記事もおすすめ!