出産子育て

【海外出産が不安な方へ】メキシコ出産体験談①

2015年1月。

私はメキシコにて最愛の娘を出産しました。

娘は最後まで逆子が治らなかったため、帝王切開での出産でした。
帝王切開でしたが、夫の立ち合いもOKなメキシコ。

以下、陽気なメキシコでの出産レポです。

また、超絶ビビりな私の心の声にもご注目ください。
帝王切開が不安な方は、こんな人でも無事終えられたのだと安心することと思います。

アミーゴ
アミーゴ
では、はじまりはじまり~!!

 

妊娠体験談はこちらをどうぞ。

【海外での妊娠が不安な方へ】メキシコ妊娠体験談~2014年4月。私は海外赴任中の夫を追いかけ、メキシコへ旅立ちました。 その後、2ヶ月後には妊娠が発覚。 慣れない異国での生活、...

 

【海外出産 in メキシコ】出産当日 いよいよ病院へ

AM7時半

夫と共に車にて病院へ。

家を出るときに、

アミーゴ
アミーゴ
あ~、次にうちに戻ってくる時には、手術がもう終わってるんだなぁ…

と、嫌なことがあるとまたいつもの、

「明日の今頃にはもう終わってる」

と考える癖が出てきました。

 

スポンサーリンク

【海外出産 in メキシコ】出産当日 病院に到着

AM8時

この日は、ずっと私を支えてきてくれた、私にとってはメキシコの母であるロシオさん夫妻も来てくれました。

手伝ってもらいながら、まずは入院手続き。

さすがに夫のスペイン語力だけでは入院手続きは理解しきれず、もうメキシコ母様様でした。

終了し、しばらくロビー待っているとドクターも到着。

ドクター
ドクター
HOLA!!僕が産科医だよ~

 

笑顔で、「大丈夫だから!」を繰り返し言ってくれました。

でも、心からは笑えていない私がそこにはいました。

AM8時半

とうとう病院スタッフのお迎え。

まだ動けるのに関わらず、ここからは車いすに乗り換え、準備室に移動です。

そしてここで夫やロシオさん夫妻ともお別れ。私一人…。

ここでまた、

「あ~、次に会う時には終わってる…。」

と考える私。はい、相当のビビりです。

AM9時

いよいよ準備。

まず、手術服らしきものに着替えるように言われました。そしてベッドに寝るように言われて待つこと○○分。

両腕点滴となりました。

これが本当にひどくて…

メキシコといえど1月。朝ということもありすごく寒くて、確かに点滴はしにくい状態であったと思います。

でもね…、それにしても全然うまくいかないんですよ。

『彼はとても優秀よ!』、なんて言ってたのにもう…何度も何度もやり直して結局ダメ。
別のベテランナースさんが来てやっと完了しました。

その後、私の腕がかわいそうな状態になったのは言うまでもない…

アミーゴ
アミーゴ
腕がね、アザだらけになったんですよ…ううっ…

9時半

いよいよ出陣。ストレッチャーに乗せられ、ガラガラと手術室へ運ばれて行きました。

人生初の手術!

 

ナースさんが自己紹介やら何やら話してくるけど、緊張してるし、スペイン語あんまり分からないし…と思っていたら手術室につきました。

もう逃げられない…

『あー、神様ー!!』

 


【海外出産 in メキシコ】いざ、手術室へ

9時40分

手術室。

人生で初めて入る手術室…。

「やーん、なんかドラマで見る、パッ!!てつくライトがある~!!」

「これ以上周りは見ないほうがいい。」

そう思い、ひたすら目をつぶっていました。

しばらくすると、スタッフさんが続々と入ってきて、何やら準備を開始。

そして、ついに麻酔士さんも登場。

「大丈夫だからね~!」的なことを言ってくれるが、その手にはもう麻酔の準備が…。

『もう、逃げられない…』

 

ここにきて、本当に本当に手術が始まるのを実感。

これで娘に会える!娘が一番頑張ってる!

そう分かっていても、やはり手術台に上がるというのは怖いものがありました。

その後、体を横向きにされて、海老みたく真ん丸になるよう指示がありました。
そして腰の辺りを確認され…チクっと

きましたーーー!!!

しかしあまり痛くはなく、終わってから「あれっ」て感じ。
その後じわじわと下半身が温かくなってきました。

もうやるしかないんだから、頼むからちゃんと麻酔効いて、全く痛くないようにしてくれー!」

心の中でひたすら祈っていました。

9時50分

麻酔後、しばらくして夫登場。

夫くん
夫くん
僕も立ち会いするよ~!!

 

手術着みたいなのを着て、「大丈夫?」と声を掛けてくれる。

でもその頃、麻酔が効いているためか、すっごーーーい喉が渇いて、ひたすら

アミーゴ
アミーゴ
のどが渇いた。お水が飲みたいよぉ~!!

と言っていたような気がします…

そこからは夫の応援をよそにひたすら、

「何も考えるな、考えるな、大丈夫だ…」

とただただ念じていました。

 

続く…

こちらの記事もおすすめ!