出産子育て

【海外出産が不安な方へ】メキシコ出産体験談 入院編②

2015年1月。

私は最愛の娘をメキシコにて出産しました。これは出産終了後の入院時について書いています。

前編には

【海外での妊娠が不安な方へ】メキシコ妊娠体験談~2014年4月。私は海外赴任中の夫を追いかけ、メキシコへ旅立ちました。 その後、2ヶ月後には妊娠が発覚。 慣れない異国での生活、...
【海外出産が不安な方へ】メキシコ出産体験談①2015年1月。 私はメキシコにて最愛の娘を出産しました。 娘は最後まで逆子が治らなかったため、帝王切開での出産でした。 ...
【海外出産が不安な方へ】メキシコ出産体験談②2015年1月。 私はメキシコにて最愛の娘を出産しました。 こちらはその時の出産体験談②です。 前編は【海外出産が不安な方...
【海外出産が不安な方へ】メキシコ出産体験談 入院編①2015年1月。 私は最愛の娘をメキシコにて出産しました。これは出産終了後の入院時について書いています。 海外での妊娠、出産...

をどうぞ。

 

海外メキシコ出産体験|海外の帝王切開もやっぱり痛かった

メキシコ病院室内

さて入院日2日目。

前日22時に娘を預かってもらい、夫も一旦帰宅。

一人にさせてもらったので、傷が痛いながらもゆっくり寝ることができました。

 

お陰で翌朝はスッキリ!!!

てな訳にはいきませんでした…

 

初日よりはかなり楽になりましたが、当然バリバリ歩ける訳ではなく…。

なのにドクターやナースさんから、

 

ナースさん
ナースさん
歩かないと早くよくならないよ!

 

と言われてしまいました。

そう言われても、痛いから動きたくないし…なんてサボっていたら、何回も催促され、いやいや病院内を歩き回りました。

いや、歩いてるという動きにはなっておらず、半分這ってるようでした。

 

アミーゴ
アミーゴ
これ、本当に前のように歩けるようになるの?

 

それくらい痛くて、ずっと前屈みで歩いてました。
5メートル先でさえ遠く感じたことを今でもよく覚えています。

そしてナースさんからは、さらなる言葉。

 

ナースさん
ナースさん
シャワー浴びてね!

 

これも無視していたら、夕方催促されました。

しかも夫がいなくて、メキシコ人の友達がお見舞いに来てくれている時に言われたのです。

でも一人じゃ入れないので、メキシコ友達に手伝ってもらいながら、なんとかシャワーを浴びました。
傷口までしっかり見てもらいました。

私は見てないのに…

 

アミーゴ
アミーゴ
私は怖くて傷口は見れなかっただけですー。

 

傷口だけじゃないですね。

もう恥ずかしいけど、ほぼ全裸を見てもらってます。
でも、どうしようもなかったのです…。ヨタヨタですみません状態。

痛みに弱いメキシコですが、この辺りは予想以上にスパルタでした。

 

スポンサーリンク

海外メキシコ出産体験|メキシコの出産後は賑やかだった

日本だと、出産後すぐに病院に行くのは家族くらいで、あまり友達となるとすぐには行かないですよね。

でもメキシコは、出産後すぐに皆お祝いに駆けつけるようです。

私はそこまでメキシコ人の友達は多くなかったのですが、それでも3人は当日、翌日に来てくれました。

逆に日本人の友達は、いろいろ大変だろうし、疲れてるだろうからと、退院後しばらくしてから家に来てくれた、という感じでした。

他にメキシコで出産した方の話だと、隣のメキシコ人は出産後、病室でお祭り状態。

次から次へと人が来て、音楽もバンバンかけていて、こちらが全く休まらなかったとか。

お国が違うと、こういった細かなところも結構違うのですね。

 


海外メキシコ出産体験|帝王切開でも翌日退院

日本だと普通分娩でも5日ほど、帝王切開だと1週間程度は入院しますよね。

しかしメキシコ。

普通分娩だと翌日には退院。午前中に出産だと、同日に退院することもあるとか。

帝王切開でも翌日には退院です。

 

さて、私は帝王切開。

前々から帝王切開でも普通は翌日退院だと聞いていて、そんなのなぁ…と思ってはいました。

で、実際に手術が終わって思ったこと。

 

アミーゴ
アミーゴ
絶対すぐ退院なんて無理!!!

 

だって動けないんだもん!!

5メートル先が遠いんだよ?

シャワーも一人で浴びられないんだよ?

どうやって育児するのーーー!!!!
(アミーゴ、心の叫び…切実…)

 

そしてドクターがやってきて聞かれました。

ドクター
ドクター
アミーゴ、入院はどうする?
アミーゴ
アミーゴ
出産翌日退院なんて無理!!もう1日だけ余分に入院させてください~~!!!

ドクター
ドクター
分かったよ。じゃ、もう1日だけだよ?!早くうちに帰りたいでしょ?
メキシコ友達
メキシコ友達
病院は世界一高いホテルよ

 

ここもなかなかスパルタなのね、メキシコ…

すぐにOKはもらえましたが、二人とも、「わざわざお金払ってまで何で?」と不思議そうでした。

メキシコは、国立の病院なら医療費がかかりませんが、その反面、医療費抑制のためにも余分な入院はさせないのだと思います。

また、ある程度お金のある人は私立の病院に行きますが(私の場合も私立病院、お金ないけど)、こうなると高額なため、そういう観点からも入院日数が少ないとのだと思います。

あとは無痛分娩が主流なことも大きく影響しているかと思います。

こちらで無痛分娩で出産した友人は、出産翌日には普通に動いていたそうです。日本で普通に出産した時より、断然楽だったし、その後の体も楽だったそうです。

 


海外メキシコ出産体験|おくるみの違い

さて、我が家のニューフェイス。2日目は夜まで病室にいました。

 

「面白いな」「日本と違うな」と思ったのが、おくるみの仕方。

 

日本だと赤ちゃんは暑がりだから、大人より一枚少ない服装で、靴下履かせず裸足が普通ですよね。

メキシコは完全に逆。

生まれたその日からおくるみでグルグルです。

足なんて出そうものなら、

周りのみんな
周りのみんな
寒そう!!!

という声。

生まれたときはこんな感じでした。

おくるみでまかれた子ども

毛布にくるまれすぎて、もはや顔しか見えません。

寒い時期に生まれましたが、日本みたいに寒くないし、室内。それでも大袈裟なくらいに巻きます。

 

あと、これは日本でも同じでしょうが、お腹の中にいるようにぴっちりとおくるみで巻いてあげたほうが赤ちゃんは落ち着くとのこと。

そのため本当にぴっちりと、まるでミノムシみたいになって連れてこられました。

パパと子ども

でも暑いのか、すぐにはだけてきちゃってました。

ただこれ、ちゃんとくるまれているととても抱きやすいので、抱っこ慣れしていない私には助かる方法でした。

巻き方をナースさんに教えてもらい、その後自宅でもよくこれをやっていたほどです。

さてさて、あっという間に入院2日目も終了。

翌日はいよいよ退院です!

こちらの記事もおすすめ!