アミーゴのプロフィール

このブログでは、生まれも育ちも愛知県、大学、結婚でちょっぴり県外、海外暮らしをしていた現在1児のワーママ、アミーゴが運営しています。

お届けする内容はこんな感じです。

  • 愛知県西三河地区のグルメ・遊びの生情報
  • 海外子育て×日本子育てから感じる子育て話し
  • 食品業界10年越え!食についてのあれこれ
  • 専業主婦からの再就職・ワーママ体験談

私の基本情報

名前 アミーゴ
家族 年上の夫・4歳娘
年齢 「アラフォー」だけでお許しを
住んでいるところ 愛知県安城市
お仕事 バイトから社会人までほとんど食品業界
LOVE 食べること、料理、お山登り、海外旅行

 

私の自己紹介

幼き時代

アラフォーになった今の私。たぶん誰が見ても弱い感じはしないと思います。

アミーゴ
アミーゴ
誰か~!「そんなことないよ!」とフォローして~笑

でも幼き頃はほとんど自分の思うことを言葉や態度にできなくて…
その弱弱しい態度が気に入らなかったのか、保育園の先生にいじめられていました。
もう30年以上の前のことなのに、いまだに覚えています。
今、当時の私を振り返ると、本当に抱きしめてあげたい…。

社会人時代

大学は馴染みの愛知県から県外へ。そして就職するときに、生まれ育った愛知県へUターン就職をしました。

「1日24時間。仕事に費やす時間は最低8時間。起きてる時間の半分は働いている。」
「それなら好きなことを仕事にしたい!」

そう思って、なぜかずっと好きだった食の業界に就職しました。

仕事なのでもちろん楽しいことばかりではありませんでしたが、約10年間、食品業界の営業第一線として働きました。
お陰様で国内は大半の県を制覇、海外にも何度か遊びに(いや、仕事に…)行かせてもらうことができたのは、今となっても本当にいい経験です。

まさかの寿退社・海外で暮らす

当時彼だった現夫の仕事の関係で、結婚・海外帯同することになりました。

それまで仕事一直線だったため、迷いはなかったかと言われれば嘘になります。
ただずっと、「いつか海外で暮らしてみたいな」という気持ちがあったため、これも運命かなと思い帯同することにしました。

海外暮らし中に妊娠、海外で娘を出産しました。

日本と違い妊婦・子どもにとっても優しい国。
ほぼノーストレスで出産、子育てをすることができました。

帰国・再就職に挑む

娘が1歳半頃に帰国。

その頃には既にアラフォー真近。
一気に現実に戻った感があり、すごく焦りました…。

小さな子持ち&専業主婦からの再就職。世間は本当に厳しかった…。

それでも何とかなんとか再就職。
そしてその後、前の会社からお声掛けいただき転職。

現在は仕事に家事に子育て、夫との関係…てんやわんやな毎日です。

 


このブログをはじめようと思ったわけ

欲しい地域情報がない!

独身の時は時間は全て自分のもの。

買い物だって、飲み会だって、ほとんど名古屋に行っちゃうよ~って感じでした。

でも帰国して、もう子持ちで…今までとは違い簡単に名古屋なんて行けない!

ならばおうちの近辺で!と思っていろいろネット検索するのですが、あんまりいい情報得られないのが事実…。やっぱりまとめサイトのようなものが多いんですよね。

「ならば作っちゃえ~!!」

ということで、私の体験談を記録することにしました。
子どもがいたらどうか?にもポイントを置き、ブログにしていきたいなと思っています。

私にとって当たり前も、誰かにとっては新鮮

あるとき、知り合いにこんなことを言われました。

「アミーゴさん、面白い経験してるよね」

そのとき、私の頭の中は「??」「そ、そうかなぁ…」

でも改めて振り返ってみると、確かに同じような経験をしている人は周りにいないなぁ…

例えば

  • 同じ会社の奥様なしのところに海外駐在妻しちゃった
  • 会社のヘルプほぼなしで海外出産しちゃった
  • 働きウーマン→専業主婦→子持ち再就職しちゃった

この辺りはちょっと珍しいのかもしれません。

一方で、私もブログやツイッターなどから、いろんな方の生き方を見て、

「あ、こんな考え方もあるんだな」

「これをするには、こんなやり方でできるんだ!」

など多くのことを吸収させてもらっています。

私がたくさん勉強させてもらっているように、私の経験も少しでも誰かの参考になればなと思っています。


このブログのテーマ

私の名前「アミーゴ」

こちらは、「ラテンなノリでおもしろ楽しく生きていきたい」という想いを込めています。

そしてサブタイトル「自分も妻もママもゆるりと楽しむ」

たぶん女性って結婚して子供ができると、どこか自分を犠牲にしがち…
もちろん独身時代とは違います。何かあったら子ども優先!誰だってそうだと思います。

でも…日本の女性は私も含め、妻として、ママとして根を詰めてしまいがちな気がするのです。もっと、もっと妻としても、ママとしても、そして自分も、もっとゆるりと楽しんでもいいのではないかと思っています。

言葉で簡単に言えるけど、なかなか実行できないですよね。
はい、私も完全にはできていません。

でも、みんなで気持ちを共有しあって、いい方法を共有しあって…
少しでもいろんな立場の自分を楽しめたら素敵だなと思っています。

 

 

そんなブログですが、どうぞよろしくお願いします!!