西三河情報

Rakuda(らくだ)|ミシュラン掲載!安城市のオシャレ鉄板焼きに子連れで行って大満足!

実はずっとずっと前から行ってみたかったお店

安城市にある「Rakuda(らくだ)」さん

電車で行きにくいところというのもあって、なかなか行けずにいました。

そしてある日

夫くん
夫くん
アミーゴ家族との食事会を今度らくだにしたらいいんじゃない?

なんて夫に提案してもらい、1ヶ月くらいに予約をしました。

 

そんならくだが予約日前に発表になったミシュランガイドに掲載されてではないですか!!

早速レポします!

Rakuda(らくだ)|概要

安城市大山町にある鉄板焼き屋さん。

南安城駅から徒歩15分ほど。なんとか歩いて行ける距離です。

東京で修行したシェフ二人でお店を立ち上げました。店名の「らくだ」はこぶが2つ。これはシェフ2人を表しているようです。

スポンサーリンク

Rakuda(らくだ)|お店の雰囲気

らくだ外観

まずはお店の外観。

一見すると、美容院?ショールーム?という感じのスタイリッシュな造り。

アミーゴ
アミーゴ
よくこの道を通っているのに、来店するまでここがらくださんだと全く気付きませんでした…

中に入るとオリーブ他ドライフラワーが飾られ、木製の家具がよく合っています。
いわゆる「鉄板焼き屋さん」とは全く違うオシャレな空間です。

 


Rakuda(らくだ)|メニュー・食べてみた感想

この日は大人8人+4歳・2歳と大所帯。

そのため大人は5000円のシェフおすすめコースを頼んでおきました。

ムースの上にウニ。あっさりで食べやすい!

アミーゴ
アミーゴ
ムースはほとんど娘に食べられました~!

 

らくだサラダ

WECKのガラスの器に入ったもの。これはなんでしょう?!

らくだサラダ

正解はサラダでした!

蓋を開けるとフワッと煙が出てくるんです!そう、燻製されてるのです!
ほんのり燻製の香りがついたサラダは初めて食べる味。
そしてこの目と鼻でも楽しめる演出に感動しました。

 

グラタンえびの頭が印象的なグラタン。
身が詰まったえびのプリプリ感がたまりません。クリームはくどすぎなくてほどよい感じ。

 

アクアパッツァこちらは大きなアルミホイルに包まれた何か。
最初は小さかったのに、鉄板の上で加熱したらこんなにパンパンに。

アクアパッツァ開けると中にはアクアパッツァが!
身はプリプリ、汁は濃厚激うまでした。

夫くん
夫くん
汁が美味しすぎて、僕最後まで飲んじゃったよ。

 

なぜか?!男二人が猛烈にハマっていたのがこちら。

鶏肉とセロリのブルーチーズ焼き鶏肉とセロリのブルーチーズ焼き

自分では思いもつかなかったこの組み合わせ。
セロリって苦手な方が多いと思いますが、このメニューはセロリのくせが大活躍!セロリくせが、ブルーチーズとすごく合うんです。

夫くん
夫くん
ワイン好きな我が家にはたまらん一品だったね!

 

フォアグラ牛肉、フォアグラ、りんごのコラボレーション。

正直、あまりフォアグラは好きではないのですが、お肉と何よりりんごを合わせることですごく食べやすくなっていました。

 

プリン締めにプリン。濃厚でおいしい!

 


Rakudaといえば?! 名物「らくだ焼き」

らくだと言えば、これ!

「らくだ焼き」ははずせません!

らくだ焼きはじめまずは生地を鉄板に流し入れて…ここは普通ですよね。

 

それがプロの手にかかると、こんな美しい一口サイズに!
目の前でスタッフさんがこてを駆使してこの形にしてくれるのです。

そのコテさばきが芸術的で!
リズミカルなコテの音と共に、生地がカットされ丸められていく。

一見簡単そうに見えますが、これ、すごく難しいと思います。

そして出来上がりはこちら。

らくだやき美しいですよね~!

生地に山芋が多いのかな?口にいれると生地がほろりとくずれるふわふわさ。
表面のカリっと感と相まって、どんどん箸がすすみます。

あらかじめ一口サイズになっているので、自分でカットする必要もなく、食べやすいのも嬉しいですね。

アミーゴ
アミーゴ
子供にも食べやすいサイズで有難いですね。子供がいると、「カットする」というのも大変ですもんね。

 


Rakuda(らくだ)|子どもに食べさせたもの、席とか

ちょっと大人なおしゃれな店だと、子連れで行ってもいいのか気になりますよね!

我が家も、らくだには行ってみたいけど、子どもいるし…

なので予約時点で、お店の方にまずはじめに4歳、2歳の子どもがいるが大丈夫か伺いました。

結果OK!

アミーゴ
アミーゴ
我が家の時は子連れOKでしたが、他のお客様の予約状況ではNGの場合とかあるかもしれないので、必ずお店の方に確認しましょう~!

ちなみに、我が家は大人8人、子ども2人と大人数。
なのでテーブル自体は2つに別れてしまいましたが、すぐ隣なので普通に会話ができました。
またテーブル席の片側はソファー席になっていたため、子どもを据わらせやすかったです。

お料理は基本的に大人のコースを分ける。そして少しだけ子ども用に頼みました。

ジュースはこちら!

ジュースパイナップルジュース。氷代わりに入っているのは、冷凍したパイナップルです。

むすめ
むすめ
これにはあたしもテンションあがったよ!

あとは大好きなお肉(ヒレ肉)を頼みました。
単品メニューもたくさんあるので、安心ですね。

Rakuda(らくだ)|まとめ

「鉄板焼き」というと昔懐かしい感じの雰囲気をイメージしてしまいますが、らくださんはそれをいい意味で覆してくれました。

「おしゃれな鉄板焼き屋さん」の中でも、らくださんは飛び抜けて洗練されています。

そしてそのオシャレさに負けないメニューとパフォーマンスの楽しさ。
おうちでは食べられない、外食ならではの演出で楽しみ、そのあとに確実に味がついてくる。

お値段も決して安いとは言いませんが、トータルの満足感を考えると安いなと感じました。

一度は行ってみる価値のあるお店です。

 

Rakuda(らくだ)|場所・営業時間など

住所:〒446-0042 愛知県安城市大山町1丁目10−9
電話番号:0566-74-6910
営業時間:火~金(17:00~0:00)・土(17:00~0:00)・日(17:00~23:30)
定休日:月曜日

予約可能時間は、13時~17時です。
ご注意お願いします。

こちらの記事もおすすめ!