ママの稼ぐ

ロボット掃除機「ルンバ」LOVEな私が活用術を大公開!

皆さんは、掃除機掛けにどれくらい時間をかけていますか?
1回10分?
広いおうちだと20分くらいかかるのでしょうか?

我が家はと言いますと、なんと1秒!ボタンを押すだけです。
なぜなら、ロボット掃除機「ルンバ」を使用しているからです。

今ではルンバLOVE、これなしでは家事が成り立たないくらいの私ですが、実は家電製品はとっても苦手。ルンバ含むロボット掃除機のこと全てが最初は疑心暗鬼でした。

 

アミーゴ1
アミーゴ1
本当にきれいになるの?

アミーゴ2
アミーゴ2
部屋中ちゃんと掃除してくれるの?

アミーゴ3
アミーゴ3
そんなに高いなら、自分でやったほうがお得じゃない?

 

こんなことばかり思っていました。

しかし、実際に使ってみるともうたまりません!
毎日、もしくは2日に1回は全部屋やっていた掃除機掛けが、ほぼゼロになったのですから。

毎日たった10分。けれど1週間やれば70分
1ヶ月やれば5時間です!
これだけの時間があれば、相当いろいろなことができますよね。

 

そんなロボット掃除機「ルンバ」LOVEになった私が、今回は

「毎日の掃除機掛けはボタンひとつ!我が家のロボット掃除機ルンバ活用術」

についてお伝えします。

 

ロボット掃除機「ルンバ」を購入した理由

ロボット掃除機「ルンバ」を購入しようと思ったきっかけ

ロボット掃除機を購入しようと思ったきっかけは、引越しをしたことでした。

それまでは賃貸で部屋も狭く、毎日掃除機を掛けてもそれほど苦痛ではありませんでした。

しかし引越しをして少し部屋が広くなり…勤務先も少し遠くなり…。何か家事負担を少しでも減らしたいと考えたのです。

そんな時に思い付いたのがロボット掃除機でした。

ロボット掃除機「ルンバ」に決定した理由

早速、電気屋さんに向かいました。

ロボット掃除機は今や種類豊富。どのメーカーのどれにしようか悩んでしまいます。

一番の決め手になったのは、電気屋さんのこの一言。

 

電気屋さん
電気屋さん
うちは○○の取り扱いがないので他社をオススメしてますが、買うならルンバが1番いいですよ!大きな声では言えませんが…

 

そして他店へ行きました。
実演販売していた他社商品にも惹かれましたが、あの一言がやはり大きく、最終的にルンバを購入しました。

我が家のルンバの特徴

ロボット掃除機「ルンバ」にも種類がありますが、購入したのはルンバの中でも最高峰の機種。

簡単な特徴は、

  • カメラとセンサー搭載。部屋中を隈無く掃除
  • 段差2センチまでOK
  • カーペットなどでは自動で吸引力アップ
  • 専用アプリあり。アプリでスイッチオンオフ可能。清掃箇所が明瞭

といったところでしょうか(所感です)。

どれにしようか悩みましたが、夫が

 

夫くん
夫くん
どうせ買うのなら一番いいのにしなさい!少しケチって後で後悔しないように。

 

と言ってくれたので一番高いのにしました。でもこの選択、後に本当によかったなあと実感しました。

スポンサーリンク

我が家流!ロボット掃除機「ルンバ」の使い方

その① 床の上はとことん片付ける

和室

当たり前ですが、ルンバはもちろん、ロボット掃除機は床の上に散らかっている物は片付けてはくれません。

ルンバを購入する前は、

結局掃除機を掛けるのが大変なんじゃなくて、床の上を片付けるのが大変なんだよな、と思ってました。

でも、自分で掃除機を掛けるにしろ、ロボット掃除機を使うにしろ、床の上は片付けないといけないのですから、ここはやるしかない。

そしてルンバを使って分かったのは、やっぱり掃除機掛け自体も大変だった、ってことです。

現在たまに掃除機を自分で掛けると、本当に疲れます
今は掃除機掛けはなくなったので、その分家事負担はルンバ購入前より完全マイナスになりました。

この掃除機掛け負担がなくなるのを実感すると、とりあえず床の上だけは片付けようと思うのですよ、不思議と。
ルンバがやってくれると本当にキレイになるので、私がやるのはとにかく床の上を片付けることだけ。

ここだけは頑張っています。

その② カーペット部分は敢えてやらない

ロボット掃除機購入で悩むことのひとつに、本当にカーペットを掃除機してくれるのだろうか?というのがあるのではないでしょうか。

実は我が家、ルンバ購入当初はカーペット部分をうまく掃除できなくて悩んでいました。

当時は冬だったので、分厚いカーペットを使用していました。
厚さ約2センチ。これが微妙な高さと角度で登らない!

たまに上ると、壁とカーペットの間に挟まって抜けなくなり、止まってしまうの繰り返し。

あとちょっと毛足の長い高級(我が家では)ラグ。
これは掃除しないこともなかったのですが、掃除してくれた後にダストボックスを確認すると、繊維が一杯。

ルンバは結構な吸引力なので、ひょっとしてカーペットの毛をむしりとってる?と疑いました。

カーペット

悩んだ結果、もうカーペットを掃除してもらうのは止めることにしました!
カーペットの端を折って上れないようにしたのです

元々あまり上ってはくれなかったので、折るだけでカーペットの上は完全に掃除しなくなりました。

そしてカーペット以外の部分はほぼ完璧に、止まることなく掃除してくれるようになりました

ではカーペット部分の掃除はどうしているかというと…。

安いカーペットの上は私がルンバをカーペットの上に乗せます。
ルンバはまっすぐ進み、壁にぶつかると右にUターンする特性があることを知ったので、カーペットから落ちる前に手で壁になってやり、ルンバをUターンさせ…を繰り返します。
ちょっと時間が掛かるのですが、掃除機を出してきて自分でやるより楽だし、なぜかルンバのほうがキレイになります。

または、掃除機を掛けるか、ハンディークリーナーを掛けます。高級ラグはこちらのやり方のみです。

面倒そうに見えるかもしれませんが、やってみると自分で全部かけるのに比べたら断然楽です。

その③ 出勤前にスイッチを押す

通勤風景

以前はルンバの動きを見たかったのもありますし、途中で止まってしまうことが多かったので、自宅にいるときに稼働させていました。

でも意外と(いや、当たり前なのですが)、私のいるところにやってきて邪魔をするし(や、邪魔してないって…)、何より結構な音。

なので途中から、もし止まっちゃってもいいや!と諦め、仕事に行く前に稼働させるようにしました。

しばらくはすぐ止まってしまい、うまくいきませんでしたが、色々工夫してルンバの特性が分かるようになってからはほぼ失敗なし。

今では出勤前にボタンを押すだけで、帰宅すれば髪の毛もほこりも落ちていないキレイな部屋が待っててくれます。

簡単にですが床の片付けもしてあるので、よりキレイな部屋に感じられます。

 


まだ不安?ロボット掃除機「ルンバ」の疑問を解消します

疑問① お手入れは面倒じゃない?

主婦1
主婦1
自動で掃除してくれるってことは、その分お手入れが面倒なんじゃないの?

と思いますよね。

 

我が家は使用して半年以上経ちますが、お手入れと言えば週1程度にダストボックスにたまったごみを捨てること、フィルターのほこりを落とすことくらいです。

確かに面倒といえば面倒!でもこれは普通の掃除機でも一緒ですもんね。

まーでも、ここまで楽を覚えると、

 

アミーゴ
アミーゴ
もうさー、ごみも自分で捨てに行ってくれればいいのに…

 

と思います。ダメダメですね、私…。

疑問② 本当に部屋中掃除してくれるの?

外出中にやると、本当にちゃんと掃除してくれてるのか心配ですよね。

でも大丈夫。なぜなら、どこを掃除したか一目瞭然に分かるアプリがあるから。

画面で見ると、掃除したところは緑に塗られていきます

部屋の形が出てくるので、どこを掃除したのか、してないのか分かる仕組みです。
終了したら、終了メールも届きます。

また万一トラブルがあると、メールで「助けを求めています!」とお知らせもきます。

なんだかかわいいですよね。

疑問③ 段差から落ちたりしないの?

我が家はマンションなので、落ちて困る段差と言えば玄関のみです。

玄関前にはこんな付属のセンサーを置いています。

ルンバセンサー

スイッチが2パターンあって、一つは直線状に出るセンサー
もう一つは、半円状に出るセンサー

我が家の玄関は直線状に出るセンサーを使用して、玄関に落ちないように防止しています。

何かそのものだけを守りたいとき(我が家はお雛様を守りたかった時)は半円状に出るセンサーを使用するといいです。

階段があるお宅でセンサーだと不安…という方は、階段前に段差、壁を作ってしまったらいかがでしょうか。

木の棒とか、私みたいにカーペットを折り畳んでしまうとか、ルンバが乗り越えられない2センチ以上のものなら大丈夫です。

この時、ルンバの力でこの壁が動かないように注意しましょう。
押す力は結構強いです。

疑問④ ソファーの下は掃除できるの?

これは単純で、ソファーの下がロボット掃除機より高ければできますし、低ければできません。問題は入れるか入れないか微妙な高さの時

我が家はギリギリルンバが入れる高さのソファーを使っています。

でも前足部分だけカーペットの上に足を乗せていたら、ソファーとカーペットの間に挟まって抜けなくなってしまいました(助けを求められます)。

これに対する我が家の対策は、クッションで塞ぐorそもそもカーペットに乗らないようにする、です。

ルンバの特性を見ると、ソファー下→カーペットに乗ることはなく、カーペット上→ソファー下に行く時に挟まることが多かったので、その部分にクッションを置きました。

今はそもそもカーペットの上にルンバが行かないようにしているので、クッションの壁は作っていません。

 


まとめ 掃除機掛けはロボット掃除機に任せて、自分の時間を持とう!

皆さん、掃除機掛けはお好きですか?
もしYESならそのままでOKです。

もしNOなら…ぜひロボット掃除機「ルンバ」の使用を検討してみてください
機械ができる家事なら、どんどん機械に任せてしまいましょう!!

そして空いた時間に、人でないとできないことをするほうが効率的です。なんならその時間ゆっくり、のんびりしてしまいましょう。

本体自体はちょっぴりお高いけど、ランニングコストは普通の掃除機と変わらないですし、体も心も楽になります。私的には十分に払う価値のある商品だと思います。

使いこなすまでには少し様子見と工夫が必要ですが、慣れてしまえば本当に家事代行人になってくれます。

少しでも家事から解放されて、少しでも多く自分の時間を楽しんでしまいましょう!

こちらの記事もおすすめ!